上田 うえだ びん

生没年
明治7年10月30日 〜 大正5年7月9日
1874年10月30日 〜 1916年7月9日)
出身地
東京都
職業・身分
文学者 学者(人文科学)
別称
柳村(りゅうそん)(号)

解説

詩人、評論家、英文学者。明治27(1894)年第一高等中学校在学中、平田禿木を通じて島崎藤村らの『文学界』の同人となる。東京帝大入学後は『帝国文学』の創刊に参加。卒業後は高等師範学校教授となり、評伝『耶蘇』(1899)を刊行、評論集『最近海外文学』(1901)等で海外の文学を紹介した。36(1903)年夏目漱石とともに東京帝大講師となる。38(1905)年に訳詩集『海潮音』を発表し、詩壇に大きな影響を与える。40(1907)年の外遊後、京都帝大教授となる。晩年には自伝的小説『うづまき』(1910)を発表した。

関連資料

著作

国立国会図書館オンライン

SNSでシェア

上田 うえだ びん

上田敏の肖像
  • 上田敏の肖像1枚目
  • 上田敏の肖像2枚目
  • 上田敏の肖像3枚目
出典: