永井 ながい 荷風 かふう

生没年
明治12年12月3日 〜 昭和34年4月30日
1879年12月3日 〜 1959年4月30日)
出身地
東京都
職業・身分
文学者
別称
永井壮吉(ながい そうきち)(本名)、金阜山人(きんぷさんじん)、断腸亭主人(だんちょうていしゅじん)(号)

解説

小説家、随筆家。明治31(1898)年広津柳浪の門に入り小説家を志す一方、落語家や歌舞伎作者の修業もした。36(1903)年から5年間アメリカやフランスに遊学し、その体験をもとに『あめりか物語』(1908)、『ふらんす物語』(1909)等を執筆、文壇に新風を吹き込む。43(1910)年に慶応義塾大学教授となり、雑誌『三田文学』を創刊。大正5(1916)年自由な隠遁生活に入り江戸趣味に傾倒し、6(1917)年には日記『断腸亭日乗』を起筆。昭和になると、新風俗に好奇心を向けた『つゆのあとさき』(1931)、『ひかげの花』(1934)、時代を風刺した『濹東綺譚』(1937)を発表。

関連資料

直筆資料

著作

全集

SNSでシェア

永井 ながい 荷風 かふう

永井荷風の肖像
  • 永井荷風の肖像1枚目
  • 永井荷風の肖像2枚目
  • 永井荷風の肖像3枚目
  • 永井荷風の肖像4枚目
出典:

関連ピックアップ