三木 みき きよし

生没年
明治30年1月5日 〜 昭和20年9月26日
1897年1月5日 〜 1945年9月26日)
出身地
兵庫県
職業・身分
学者(人文科学)

解説

哲学者。大正6(1917)年京都帝国大学入学、11(1922)年から14(1924)年まで欧州留学。翌年『パスカルに於ける人間の研究』を発表、独自の思想を示す。昭和2(1927)年法政大学教授となり、『唯物史観と現代の意識』(1928)等のマルクス主義研究で注目される。5(1930)年日本共産党への資金提供のために検挙され教職を退く。以後、ジャーナリズムの場でファシズムに抗する言論活動を行う。13(1938)年近衛文麿の政策集団「昭和研究会」に参加する一方、これまでの探求を『構想力の論理』(1939-46)に集約。20(1945)年共産主義者の友人を匿い治安維持法違反で再び投獄され、終戦直後に獄死。

関連資料

著作

国立国会図書館オンライン

SNSでシェア

三木 みき きよし

三木清の肖像
  • 三木清の肖像1枚目
  • 三木清の肖像2枚目
  • 三木清の肖像3枚目
出典: