伊藤 いとう 左千夫 さちお

生没年
元治元年8月18日 〜 大正2年7月30日
1864年9月18日 〜 1913年7月30日)
出身地
千葉県
職業・身分
文学者
別称
幸次郎(本名)、無一塵庵主人・春園・唯真閣主人(別号)

解説

歌人、小説家。農家に生まれ明治18(1885)年上京、乳業店で働いた後、22(1889)年独立して乳業店を営んだ。33(1900)年正岡子規に師事し作歌に励む。子規の没後は根岸短歌会の中心的な歌人となり、36(1903)年機関紙『馬酔木』を創刊した。39年(1906)には小説『野菊の墓』が好評となり、以後『隣の嫁』(1908)、『分家』(1911-12)等の自伝的小説を書く。41(1908)年『馬酔木』の後続誌『アララギ』を発刊した。

関連資料

著作

全集

SNSでシェア

伊藤 いとう 左千夫 さちお

伊藤左千夫の肖像
  • 伊藤左千夫の肖像1枚目
  • 伊藤左千夫の肖像2枚目
  • 伊藤左千夫の肖像3枚目
出典:

関連人物