近代日本人の肖像

佐藤 さとう 尚中 しょうちゅう

生没年
文政10年4月8日 〜 明治15年7月23日
1827年5月3日 〜 1882年7月23日)
出身地
千葉県
職業・身分
医師・薬剤師等
別称
山口(本姓)、城(じょう)(別姓)、尚中(たかなか)(本名)、舜海(通称)、竜太郎、鏐(幼名)、笠鶯、笠翁(号)

解説

医学者、外科医。藩医の山口家に生まれ、天保13(1842)年に佐藤泰然に師事、蘭方外科を修めた。泰然の養子となり、安政6(1859)年家督を継いで第2代順天堂主となる。その後、長崎でポンぺに師事、彼が著書『日本滞在見聞記』に記すほど優れた外科医となった。明治6(1873)年東京の下谷に私立病院順天堂を開業した。

関連資料

SNSでシェア

佐藤 さとう 尚中 しょうちゅう

佐藤尚中の肖像
  • 佐藤尚中の肖像1枚目
出典: