新島 にいじま 八重 やえ

生没年
弘化2年11月3日 〜 昭和7年6月14日
1845年12月1日 〜 1932年6月14日)
出身地
福島県
職業・身分
教育家
別称
山本(旧姓)、新島八重子

解説

明治元(1868)年戊辰戦争で会津城籠城に参加、銃をとり明治政府軍と戦った。4(1871)年兄・覚馬を頼って上洛し女紅場(後の府立第一高女)の教師となる。9(1876)年女子塾を開き、同志社女子大学の基礎をつくった。新島襄と結婚し同志社の運営に携わる。夫の死後、日本赤十字社の篤志看護婦として日清・日露戦争で活躍した。

関連資料

SNSでシェア

新島 にいじま 八重 やえ

新島八重の肖像
  • 新島八重の肖像1枚目
出典:

関連ピックアップ

関連人物