クーデンホーフ くーでんほーふ 光子 みつこ

生没年
明治7年7月16日 〜 昭和16年8月28日
1874年7月16日 〜 1941年8月28日)
出身地
東京都
職業・身分
その他
別称
青山みつ(旧名)、マリア・テクラ・ミツ・クーデンホーフ=カレルギー(正式名)

解説

明治25(1892)年、当時のオーストリア駐日代理公使ハインリッヒ・クーデンホーフ・カレルギー伯爵と結婚。東京府に届け出られた、初の正式な国際結婚といわれる。29(1896)年渡欧、39(1906)年夫の急死後は7人の子の後見人としてウイーン社交界で活躍。息子リヒャルトが汎ヨーロッパ主義を提唱し、「EEC(ヨーロッパ経済共同体)の母」と呼ばれている。7月7日生まれの説もある。

関連資料

SNSでシェア

クーデンホーフ くーでんほーふ 光子 みつこ

クーデンホーフ光子の肖像
  • クーデンホーフ光子の肖像1枚目
  • クーデンホーフ光子の肖像2枚目
  • クーデンホーフ光子の肖像3枚目
  • クーデンホーフ光子の肖像4枚目
出典: