きし 清一 せいいち

生没年
慶応3年7月4日 〜 昭和8年10月29日
1867年8月3日 〜 1933年10月29日)
出身地
島根県
職業・身分
法律家 その他

解説

父は松江藩士。帝国大学在学中、ボート選手として活躍。明治22(1889)年に卒業後、26年弁護士、43年法学博士となり、大正4(1915)年東京弁護士会会長。10年大日本体育協会会長、13年国際オリンピック委員、昭和7年貴族院勅選議員。スポーツの先駆者として、日本スポーツ界の興隆に努めた。

関連資料

国立国会図書館オンライン

SNSでシェア

きし 清一 せいいち

岸清一の肖像
  • 岸清一の肖像1枚目
  • 岸清一の肖像2枚目
出典: