せき はじめ

生没年
明治6年9月26日 〜 昭和10年1月26日
1873年9月26日 〜 1935年1月26日)
出身地
静岡県
職業・身分
官僚 学者(社会科学)

解説

都市政策研究の先駆者。明治26(1893)年高等商業学校(後の一橋大学)卒業後、大蔵省、商業学校の教諭等を経て、30年同校の教授となる。翌年から3年間ベルギーへ留学。経済政策、交通政策等の研究で知られ、大正3(1914)年から大阪市助役、12年から11年余、市長を務めた。この間、築港事業、鉄道建設など社会資本の整備をはかるとともに、公設市場、市営住宅のほか、大阪商科大学の設置などの都市社会政策に尽力。昭和9(1934)年貴族院議員。法学博士。

関連資料

国立国会図書館オンライン

SNSでシェア

せき はじめ

関一の肖像
  • 関一の肖像1枚目
出典: