はら 勝郎 かつろう

生没年
明治4年2月26日 〜 大正13年1月14日
1871年4月15日 〜 1924年1月14日)
出身地
岩手県
職業・身分
学者(人文科学)

解説

歴史学者。明治29(1896)年東京帝大文科大学史学科を卒業後、40(1907)年から42(1909)年にかけて欧米に留学。帰国後に京都帝大西洋史の教授に就任、大正11(1922)年からは文学部長を務めた。西洋史が専門家であったが、日本史についても論じ中世という時代区分を初めて用い、武士階級を新時代の担い手として評価し位置づけた。著作に『日本中世史』『東山時代における一縉紳の生活』など。

関連資料

著作

国立国会図書館オンライン

SNSでシェア

はら 勝郎 かつろう

原勝郎の肖像
  • 原勝郎の肖像1枚目
  • 原勝郎の肖像2枚目
  • 原勝郎の肖像3枚目
出典: