金井 かない のぶる

生没年
元治2年2月1日 〜 昭和8年8月13日
1865年2月26日 〜 1933年8月13日)
出身地
静岡県
職業・身分
学者(社会科学)

解説

経済学者。明治18(1885)年東京大文科大学を卒業後、経済学法律学研究のためヨーロッパに留学。ドイツで経済学、社会経済学を学び、その後イギリスで社会問題に興味を持ち、応用経済学を修めた。23(1890)年に帰国し、同年から大正14(1925)年まで東京帝大法科大学教授を務めた。30(1897)年に社会政策学会を創設し、労働者保護政策を主張した。また日露戦争開戦の36(1903)年に七博士の一人として日露開戦を主張して「七博士意見書」を提出。31(1908)年帝国学士院会員。著作に『社会経済学』『経済学研究法』など。

関連資料

著作

国立国会図書館オンライン

SNSでシェア

金井 かない のぶる

金井延の肖像
  • 金井延の肖像1枚目
  • 金井延の肖像2枚目
  • 金井延の肖像3枚目
出典: