もり 鴎外 おうがい

生没年
文久2年1月19日 〜 大正11年7月9日
1862年2月17日 〜 1922年7月9日)
出身地
島根県
職業・身分
文学者 医師・薬剤師等
別称
林太郎(りんたろう)、鴎外漁史(おうがいぎょし)、観潮楼主人(かんちょうろうしゅじん)

解説

父は津和野藩典医。明治14(1881)年東京大学医学部を卒業後軍医となり、17年~21年ドイツに留学。40年には陸軍軍医総監・陸軍医務局長になり、軍医として最高職についた。大正5(1916)年予備役となり、6年帝室博物館長兼図書頭。公務のかたわら、小説家、評論家、翻訳家として活躍。代表作に『舞姫』(1890)、『うたかたの記』(1890)、翻訳『即興詩人』(1892~1901)、『ヰタ・セクスアリス』(1909)、『雁』(1911)、『阿部一族』(1913)、『山椒大夫』(1915)、『高瀬舟』(1916)、史伝『渋江抽斎』(1916)などがある。

関連資料

著作

全集

電子展示会「あの人の直筆」より

国立国会図書館オンライン

SNSでシェア

もり 鴎外 おうがい

森鴎外の肖像
  • 森鴎外の肖像1枚目
  • 森鴎外の肖像2枚目
  • 森鴎外の肖像3枚目
  • 森鴎外の肖像4枚目
  • 森鴎外の肖像5枚目
出典:

関連ピックアップ