太刀山 たちやま 峰右衛門 みねえもん

生没年
明治10年8月15日 〜 昭和16年4月3日
1877年8月15日 〜 1941年4月3日)
出身地
富山県
職業・身分
その他
別称
東関(あずまぜき)、老本弥次郎

解説

力士。少年時代から力自慢で知られ、板垣退助らの勧めで明治32(1899)年友綱部屋に入門。44年第22代横綱に昇進。突き技を得意とし、その強烈さは四十五日(一月半=一突き半で勝負がつく)と称された。梅ヶ谷常陸山後の角界の第一人者として、無敵を誇った。一敗を挟んで43連勝と56連勝を記録。幕内195勝27敗10分5預73休。大正7(1918)年年寄東関となるが、程なくして角界を去る。

SNSでシェア

太刀山 たちやま 峰右衛門 みねえもん

太刀山峰右衛門の肖像
  • 太刀山峰右衛門の肖像1枚目
出典:
幕末明治文化変遷史【210.6-To591b2-t】