梅ヶ谷 うめがたに 藤太郎 とうたろう

生没年
明治11年3月11日 〜 昭和2年9月2日
1878年3月11日 〜 1927年9月2日)
出身地
富山県
職業・身分
その他
別称
雷(いかずち)、小江音松、音次郎

解説

力士。少年時に上京し、初代梅ヶ谷の養子となり角界に入る。順調に昇進し、明治36(1903)年ライバルの常陸山と共に第20代横綱に昇進した。横綱在位は12年に及び、「梅・常陸」時代を築き、相撲人気の隆盛に貢献した。幕内成績は168勝27敗47分2預116休。大正4(1915)年に引退、年寄雷を継承し、後進の指導にあたった。

SNSでシェア

梅ヶ谷 うめがたに 藤太郎 とうたろう

梅ヶ谷藤太郎の肖像
  • 梅ヶ谷藤太郎の肖像1枚目
出典:
幕末明治文化変遷史【210.6-To591b2-t】