ホーム > 採用情報 > 令和4年度職員採用試験合格者 合格体験記

令和4年度職員採用試験合格者 合格体験記

令和4年度職員採用試験合格者(令和5年度新規採用予定者)が、自身の就職活動や今後の目標について書いたものです。今後の当館職員採用試験の受験を検討される方の参考になれば幸いです。

※記載した内容は全て、合格者個人の所感です。試験内容・試験対策等について、当館の公式の見解等を示すものではありません。

<目次(ページ内)> ※年齢及び学歴は令和5年4月1日時点(学歴については卒業・修了見込み・在籍等を含む)

【総合職試験合格者】

【一般職試験(大卒程度)合格者】

【施設設備専門職員採用試験合格者】

【過去の合格体験記】

【総合職試験合格者】
1. 23歳女性(専門科目:社会科学、大学)

1.学生時代の専攻・研究について

現在所属しているゼミは教育社会学関係ですが、大学1、2年時は専攻であるドイツ語の勉強に追われていました。毎日の予習復習が大変でしたが、言語を学ぶということは別の見方を学ぶということでもあると思うので、勉強していて良かったなと感じています。

2.学生時代の思い出・頑張ったことなど

大学ではオーケストラに所属していました。初心者からコントラバスを始めて、まともに音を出せない状態から演奏会の舞台に立てるようになるまで練習するのは、大変でしたがとても楽しくもありました。練習場所の確保を担当する役職にも就いていて、学内他団体との交渉に頭を悩ませたのも良い経験になりました。

3.国立国会図書館職員を志望した経緯・理由

コロナ禍で生じた空き時間に地元の図書館に入り浸っていたとき、ふと国立国会図書館の月報を手に取ったのがきっかけです。当時の月報に「国立国会図書館で働いてます」という連載があり、毎月職員の方のインタビューが掲載されていました。それを読んで、司書業務だけではない国立国会図書館職員の幅広い業務内容を知り、興味を持ちました。また、月報のその他の記事も読んで、社会のデジタル化が進む中で国立国会図書館の役割には大きな可能性があって面白そうと感じ、志望に至りました。

4.就職活動の方針

国家公務員、地方公務員を併願していました。

5.当館職員採用試験の試験対策

教養試験は、他の公務員試験の勉強をしていたので、特別な対策はしませんでした。専門試験は社会学を選択しました。市販の用語集などを参考にしながら、用語と意味をノートにまとめていました。ただ用語集には載っていないような新しい概念が問題に出ることもあるので、本や大学の授業で知らない言葉に出会ったときには積極的に意味を調べるように心がけていました。また、社会調査については全くの無知だったので、入門書を何冊か読み込みました。面接試験対策はそれほどしてこなかったのですが、国家公務員の官庁訪問で15回ほど面接を経験して以降ほとんど緊張しなくなったので、慣れは重要だなと実感しました。

6.当館の採用試験で印象に残っていること・就職活動を通しての感想

最終面接で初めて東京本館を訪れたことが印象に残っています。建物の壮大な雰囲気や、たくさんの利用者がそれぞれ関心があることに没頭している様子に感動して、ここで働きたいという気持ちが明確になりました。面接自体は、やはり面接官の人数の多さに驚きましたが、面接官の方々との距離が近かったこともあり、あまり緊張せずに話すことができました。雰囲気も和やかで、話をしっかり聞いてくださっていると感じました。

7.国立国会図書館職員としてやってみたいこと・頑張りたいことなど今後の目標

利用者と資料が出会う場に関わる仕事がしたいと考えています。レファレンスなどを通じて情報を求める人がより適切な情報にアクセスできるように手助けする仕事はもちろん、明確に何か知りたい事柄が無い人も様々な資料に気軽にアクセスできるような間口を広げる仕事にも関心があります。

8.国立国会図書館の受験を検討している方へのメッセージ

倍率の高さや専門性の高い試験問題を理由に受験を迷っている方も、とりあえず挑戦してみることをお勧めします。私もはじめは、専門試験の過去問を見てもほとんど解けませんでしたが、勉強をしていくうちに少しずつ理解できる問題が増えていき、合格することができました。また、試験問題自体も面白く、勉強して身につく知識はたとえ不合格でも無駄にはならないと思います。最後に、国立国会図書館の月報は、国立国会図書館の業務内容の理解や最新の話題を知るのに有用だと感じたので、ぜひ一度読んでみてください。バックナンバーも含めて国立国会図書館のホームページで読むことができます。

2. 22歳男性(専門科目:人文科学、大学)

1.学生時代の専攻・研究について

専門は日本史学で、特に8世紀の流通経済について研究しています。日本史の面白さを伝えたいという思いから教職課程も履修していました。遠く離れた古代史の世界に胸を躍らせながら、残されたわずかな史料とにらめっこをする毎日です。

2.学生時代の思い出・頑張ったことなど

1年次から履修していた教職課程が最も印象に残っています。コロナ禍にも関わらず、子どもたちと関わる機会に恵まれ、何度も教育現場に足を運びました。この経験が公のために奉仕したいと考えるようになったきっかけでもあります。幾度となく教えることの難しさを痛感する一方で、常に学びがあり、自分の成長につながった経験だったと思います。

3.国立国会図書館職員を志望した経緯・理由

史料の乏しい日本古代史という分野を専攻していたこともあり、史資料の収集・保存・活用に関わる業務があることに惹かれました。また、史資料の活用という点では、教育とも接点があり、自分の大学時代の学びをいかすことができると考えたのがきっかけです。その後、説明会等に参加し、業務経験などを伺っていると、さらに幅広い業務領域があり、自分の視野を広く持ち続けながら働くことができると思い、志望しました。

4.就職活動の方針

史資料の利活用や教育に関わる機会のあることが1つの大きな軸でした。当初は民間企業も検討していましたが、教職課程を経て、社会全体に分け隔てなく貢献したいという思いも加わり、最終的には国家公務員・地方公務員を併願していました。自分が関心を持ち続けることのできる業務があり、自分の働く様子をイメージできるか否かという点を特に重視していました。

5.当館職員採用試験の試験対策

教養試験については、学内の公務員試験講座の講義・テキストで対策していました。また、国家総合職や国家一般職の過去問を解いて、おおよその出題方式・傾向をつかむようにしていました。専門試験は史学(日本史)で受験しましたが、HPの過去問を参考に対策していました。総合職試験の問題では、特定の時代に囚われない、横断的な発想が求められることが多いので、特定のジャンルを中心に整理するといった対策を行っていました。面接試験の対策については、自己分析から導いた自分の希望・適性と実際の業務内容をすり合わせることに腐心しました。先輩や友人にも相談しながら、自分が納得のできる説明をできるよう何度も練習しました。

6.当館の採用試験で印象に残っていること・就職活動を通しての感想

教養試験・専門試験はとにかく勉強するしかないと思い、無心で机に向かって勉強しましたが、面接対策については何から始めればよいのか分からず、かなり苦労しました。しかし、何よりも自分の言葉で話すことが大切であると思い、面接試験では自分の経験を交えつつ、筋の通った説明をするように心がけました。質問に対し、少し冗長に話してしまうこともありましたが、面接官の方々が真摯に耳を傾けてくださったのがとても印象に残っています。

7.国立国会図書館職員としてやってみたいこと・頑張りたいことなど今後の目標

目下、関心のある分野は史資料や教育に関わる業務ですが、国立国会図書館の持つさまざまな側面を知りたいという気持ちもあるので、ひとまずは異動を経験しながら幅広く業務経験を積んでいきたいと考えています。その中で自分の関心を見定めつつ、国立国会図書館の使命に貢献していけるフィールドを探していきたいと思います。

8.国立国会図書館の受験を検討している方へのメッセージ

就職活動では、自分のやってみたい業務がある、ということがとても重要だと思います。国立国会図書館に少しでも興味を持ったなら、説明会に参加したり、パンフレットを読んだりしてみてください(個人的には月報を読むのが好きでした)。自分の働く姿をイメージできるなら、受験の動機としては十分です。就職にあたっては、悩むことも多いと思いますが、この体験記を通じて、少しでも進路選択の役に立てたなら、大変嬉しく思います。

3. 25歳女性(専門科目:人文科学、大学院)

1.学生時代の専攻・研究について

歴史学専攻でした。主に近代イギリス史を学んでいました。

2.学生時代の思い出・頑張ったことなど

学業に注力したことです。学部時代からゼミを複数掛け持ちして、近代日本文学についても研究していました。また、言語学習も積極的に行なっており、8言語学びました。

3.国立国会図書館職員を志望した経緯・理由

本に携わる仕事かつ、学問的な仕事がしたくて志望しました。国立国会図書館はさまざまな本に触れる機会があるだけでなく、研究者の助けになる業務が多いことも魅力だと思います。

4.就職活動の方針

学術書を出版している民間の出版社を志望していました。しかし、就職活動を進めるうちに、民間企業の利益を求める姿勢と自分の価値観が合わないと感じ、国立国会図書館に興味を持ちました。

5.当館職員採用試験の試験対策

民間企業を志望していたため、国立国会図書館向けの対策は行なっていませんでした。民間企業で実施されるウェブテストなどの対策をしていました。

6.当館の採用試験で印象に残っていること・就職活動を通しての感想

オンライン面接のための接続確認の日時が面接とは別に設定されていることに驚きました。ほとんどの民間企業では行われていないことだと思います。接続状況や、接続方法について事前に確認できることがとてもありがたかったです。

7.国立国会図書館職員としてやってみたいこと・頑張りたいことなど今後の目標

現在一番興味があるのはレファレンスの仕事です。学問的な情報の収集をしつつ、一般の人に広く情報を提供していきたいと思っています。国立国会図書館には他にも多岐にわたる業務があるので、それぞれのやりがいも感じてみたいです。

8.国立国会図書館の受験を検討している方へのメッセージ

ご存じのように、国立国会図書館は一般の図書館とは異なる性質を持つ図書館です。なぜ一般の図書館ではなく、国立国会図書館なのかについて自分の中で明確な答えを持つことが重要だと思います。就職活動はどうしても期間が長くなり、精神的に追い詰められることも多いはずです。自分の信念と向き合いながら適度に肩の力を抜いて、最後まで走り抜けてください。皆様の就職活動が納得のいく形で終われることを、心より祈っております。

【一般職試験(大卒程度)合格者】
4. 22歳女性(専門科目:社会科学、大学)

1.学生時代の専攻・研究について

法学部で学んでいます。中でも、著作物の身近さ・面白さに気づいて、著作権や商標、特許などを勉強する知的財産権法を専攻しています。他学部の児童文学や漢字に関する講義も履修し、法学部で受けた講義の内容との意外な接点が見つかるのが面白かったです。

2.学生時代の思い出・頑張ったことなど

ゼミで模擬裁判を作ったことです。特許の裁判例を応用させてシナリオを書き、裁判官や証人などの登場人物を演じました。裁判例の研究もストーリーの作りこみも苦戦しましたが、その分、模擬裁判当日、無事に閉廷した瞬間の達成感は忘れられません。

3.国立国会図書館職員を志望した経緯・理由

就職活動をするにあたって、幅広い立場の人の役に立てる公務員を目指そうと思いました。小さいころから、図書館で働くことに興味を持っていたこともあり、合同説明会で国立国会図書館の説明を聞いたことがきっかけです。利用者と直接関わるチャンスもあり、立法を支えることもできるという業務の幅広さに惹かれました。

4.就職活動の方針

情報を使って幅広い人の役に立ちたいという点を軸にして、民間企業と公務員試験どちらも受験しました。

5.当館職員採用試験の試験対策

教養試験、専門試験に向けて、市販の問題集を何周もしました。専門試験は法学で受験しました。新しい裁判例にも注目しつつ、これと決めた問題集を1冊使い込むのが大事かなと思います。

6.当館の採用試験で印象に残っていること・就職活動を通しての感想

最終面接で今までになく緊張したことです。頭が真っ白になってしまいました。面接官の方が大学での経験を引き出してくださってようやく、顔のこわばりが解けたことを覚えています。

7.国立国会図書館職員としてやってみたいこと・頑張りたいことなど今後の目標

他の図書館にはない立法調査業務に興味を持っています。また、国際子ども図書館や利用者サービスなど、来館者の方に直接資料を提供する業務にも関心があります。色々な部局を経験して、広い視野を持った職員になりたいです。

8.国立国会図書館の受験を検討している方へのメッセージ

長丁場の公務員試験では、ずっと緊張が続いて辛いこともあるかと思います。そんなときは業務説明会に参加したり、国立国会図書館に行って勉強したりすると、モチベーションが上がりました。いい結果が出ますように…応援しています!

5. 22歳女性(専門科目:社会科学、大学)

1.学生時代の専攻・研究について

英文学を専攻しています。卒業論文ではチャールズ・ディケンズの『大いなる遺産』を扱う予定です。当時の価値観や作者の考えなどが作品からどのように読み取れるかを分析し、新たな読み方を提示したいと考えています。すべて英語で書く必要があるので英語での論文の書き方も学んできました。

2.学生時代の思い出・頑張ったことなど

学生委員会に所属し、新入生や受験生のサポートに力を入れて取り組みました。メンバーと協力し一つのイベントを成功させたときや、対応をした参加者から感謝の言葉を頂いたときには、とても達成感を感じました。また、英検の取得等、語学学習にも力を入れてきました。

3.国立国会図書館職員を志望した経緯・理由

国際子ども図書館を訪れたことがきっかけで国立国会図書館の存在を知りました。一般の図書館業務に限らず、立法調査で国政課題に向き合えることや、国民のニーズに応えて情報提供をしていくという役割に対し職員として携われることに魅力を感じ、志望しました。

4.就職活動の方針

公務員就活をしており、ほとんどの公務員試験を併願していました。当初は、国家公務員として国の抱える課題に最前線で取り組んでいける行政職を考えていました。しかし、国の課題は行政のみで解決できるものではないことや、より中立的な立場から関わっていきたいと考えるようになったこと、また自分自身の学びや経験をいかしていきたいと思うようになり、行政職以外にも視野を広げました。

5.当館職員採用試験の試験対策

私は予備校等には通っておらず、独学で対策していました。他の公務員試験に向けて市販の問題集で勉強していたので、第1次試験に関しては特別な対策はしていませんでした。他の教養試験に向けた勉強で十分に対策できると思います。第2次試験の専門試験は法学を選択しました。市販の参考書を利用し、各テーマごとに暗記すべきところや論文の構造を確認していました。事例問題に対しても、有名判例を覚えることや、多肢選択式問題集の解説文を見直すことで対策をしていました。面接は他機関の面接で慣れるようにしていました。独学の方は大学のキャリアセンターでも対応してもらえると思います。

6.当館の採用試験で印象に残っていること・就職活動を通しての感想

第3次試験の面接が印象に残っています。就職活動も終盤だったため、最後の面接でどんな質問がされるのだろうかと少し緊張していました。面接官の方々は穏やかだったため緊張はほぐれたものの、公務員を目指す理由について聞かれたときには、上手く自分の思いを伝えることができたかどうか不安でした。しかしその質問を考えるたびに、自分が選んできた道を後悔しないよう歩みたいという気持ちが強くなり、就職活動の中でも特に印象的な面接になりました。

7.国立国会図書館職員としてやってみたいこと・頑張りたいことなど今後の目標

現在は利用者に対する業務に関心があります。レファレンスを行う際に大学での学びをいかすことができ、実際に利用者の方に接する機会があることに魅力を感じます。その他にも立法調査や収集業務、電子図書館事業など、様々な業務に携わることができるのが魅力だと考えているので、自分自身で積極的に学び、挑戦していきたいと思います。

8.国立国会図書館の受験を検討している方へのメッセージ

就職活動期間中は他の併願先に向けた対策も並行して行う必要があるため、迷いが出たり、勉強に集中できなかったりすることもあると思います。私自身も諦めてしまいそうになったことがありました。それでも周りの友人や先輩の支えがあり勉強を続け、今日まで至ることができました。長丁場になるかと思いますが、一人で根を詰めすぎず、自分の道を見失わないように進んでいただければ結果もついてくると思います。応援しています。

6. 25歳男性(専門科目:人文科学、大学院)

1.学生時代の専攻・研究について

学部では日本史について、時代や分野を限定することなく学びました。大学院では日本近現代史を選択しました。日本統治期の台湾で発生した自然災害とその救助活動が、植民地統治機関と現地社会の関係に与えた影響について研究しています。

2.学生時代の思い出・頑張ったことなど

学生時代の思い出は国内を中心とした旅行です。町並みを歩いたり、寺社や史跡を訪れることで、書籍等に書かれていることやそこで流れる空気感など、その場所についてより深く知ることができました。
また、友人たちとロードバイクで台湾を一周したことも良い思い出です。

3.国立国会図書館職員を志望した経緯・理由

修士1年のときに何気なく参加した職員採用説明会が契機でした。以前から日本史を学ぶ上で国立国会図書館を利用していましたが、就職先として意識することはありませんでした。しかし、説明会を通して、調査業務や資料の収集・保存など学びを支える幅広い業務に魅力を感じたため、志望しました。

4.就職活動の方針

人々の学びや学問に携わる仕事を就職活動の軸の1つにしていたため、大学など学校法人を併願していました。

5.当館職員採用試験の試験対策

修士1年の夏休みから市販の国家公務員試験参考書等を使って、教養試験の勉強を始めました。苦手な分野は早めに取り組み、問題集を何度も解き直しました。専門科目は史学を選択しました。大学院入試の復習に加えて、過去問の傾向を分析して対策しました。面接は友人や大学のキャリアセンターと繰り返し練習し、様々な質問に対応できるように努めました。

6.当館の採用試験で印象に残っていること・就職活動を通しての感想

第2次試験の面接では私が要点をまとめず長々と話してしまったため、結果が分かるまで不安でした。しかし、面接官の方々が穏やかな雰囲気で話を聞いてくださいました。また最終面接では私の研究内容や関連事項を質問されたことが印象に残っています。後から振り返ればもっと的確な答えができたと反省していますが、面接官の方々が真摯に耳を傾けてくれたので、落ち着いて話すことができたと思います。

7.国立国会図書館職員としてやってみたいこと・頑張りたいことなど今後の目標

現時点では調査業務や利用者サービスに興味がありますが、資料の収集・保存や電子図書館事業などできるだけ幅広い業務に携わりたいと考えています。多様な業務を経験する中で、多くのことを学んで知見を深め、学問や人々の学びの基盤形成に少しでも貢献できればと思います。

8.国立国会図書館の受験を検討している方へのメッセージ

国立国会図書館の採用試験は倍率が高く、難しく感じると思いますが、少しでも興味があれば受験することをお勧めします。就職活動中は辛いことや悩みが出てくると思いますが、自分自身をあまり追い込みすぎず、適度に休みながら頑張ってください。皆さんが納得する形で就職活動を終えられることを願っています。

7. 24歳女性(専門科目:人文科学、大学院)

1.学生時代の専攻・研究について

フランス文学を専攻していて、ミラン・クンデラの小説を研究しています。自分の関心あるテーマに取り組みながら、読者として感じた作品の面白さを解明できるような論文が書ければいいなと思っています。

2.学生時代の思い出・頑張ったことなど

大学院では学部の時と違い発表の機会が多く、自分の考えを論理的に組み立てること、それを形にして人に伝わるようにすることの大変さや難しさを痛感しています。

3.国立国会図書館職員を志望した経緯・理由

学内説明会のポスターを見つけ、国立国会図書館の存在を知りました。「日本唯一の国立図書館」というユニークさに心惹かれ、ここで働きたいと思うようになりました。大学で学んだフランス語を今後も学び続けたいと思っているので、語学がいかせるという点も志望理由の1つでした。

4.就職活動の方針

IT業界の民間企業を併願していました。はじめは本が好きだから本に関わる業界に、と思っていましたが、就職活動をすすめるうちに情報全般への興味が強くなりました。働いている方の雰囲気をよく見ていたように思います。

5.当館職員採用試験の試験対策

時間がタイトな第1次試験は、解く順番を決めておくと良いと思います。第2次試験対策では、ホームページ上で公開されている過去問を自分なりに分析したことが役に立ちました。面接については、自分の反省として、伝えたいことを簡潔にまとめておくべきだったと思っています。

6.当館の採用試験で印象に残っていること・就職活動を通しての感想

第2次試験の面接の最後に、今までで一番印象に残っている仕事をお伺いしたときのことです。本に直接関わらない仕事のご経験を話してくださり、その時想像できていなかった国立国会図書館職員の仕事の幅の広さと面白さを教えていただきました。

7.国立国会図書館職員としてやってみたいこと・頑張りたいことなど今後の目標

就職活動で国立国会図書館の業務の幅広さを知るにつれ、様々な業務を経験してみたいと思うようになりました。その中でも特に、外国語を必要とする仕事ができればと思っています。

8.国立国会図書館の受験を検討している方へのメッセージ

準備不足で諦めかけていましたが、試験時間や面接中にできる限りのことをしようという気持ちが功を奏したかなと思っています。現実的に考えなければいけない部分もあるとは思いますが、少しでも興味があれば応募してみる気持ちが就職活動において大切だと感じました。

8. 22歳女性(専門科目:人文科学、大学)

1.学生時代の専攻・研究について

文学部で国文学を専攻しています。特に平安・鎌倉時代の和歌文学に関心があり、卒業論文は百人一首に入集している和歌の古注釈について執筆する予定です。

2.学生時代の思い出・頑張ったことなど

学業やサークル、アルバイト等それぞれを両立しながら楽しみました。散歩や一人旅が好きで、関西をはじめとして日本中をいろいろと周ったのも良い思い出です。

3.国立国会図書館職員を志望した経緯・理由

幼いころから本が好きで、司書や出版の仕事に関心があり、特に日本を代表する国立国会図書館には漠然と憧れを抱いていました。大学生になり、勉強に国立国会図書館デジタルコレクションを利用したり大学の附属図書館でのアルバイトでデジタルアーカイブに携わったりしたことで、より魅力を感じるようになりました。もっとも、倍率の高さからダメ元で受験したこともあり、具体的に国立国会図書館への就職を意識したのは第2次試験を合格してからでした。

4.就職活動の方針

研究や学問への貢献という点で、国立国会図書館以外では大学職員を最終的に志望していました。その二者に絞る前は大学院進学、出版・エンタメや教育業界の民間企業、国家及び地方公務員等も考えていました。

5.当館職員採用試験の試験対策

第1次試験の教養試験については、国家公務員向けの数的処理・判断推理の問題集を解いたり、高校時代の日本史・世界史の教科書を一通り復習したりしました。
第2次試験の専門試験では文学を選択しました。最初の選択問題については、分野を自分の関心がある国文学だけに絞り、高校生用の国語便覧などを用いて作者名や作風、作品名やその概要を自分なりにまとめながら勉強しました。また、公開されている過去問を研究し、その傾向から今年度の出題を予想して重点的に勉強しました。
面接は、民間や大学職員の就職活動で経験していたおかげで多少緊張が和らいだと思います。

6.当館の採用試験で印象に残っていること・就職活動を通しての感想

第2次試験で落ちると思っており自分の好きな文学の勉強しかしなかったため、苦手な英語の試験の手ごたえも当然なく、合格した時はとても驚きました。第2次試験の文学の一問目に自分の好きな人物が出題されたことになんとなくめぐり合わせを感じたので、そういった縁があったのかなと今になって思っています。
最終面接では、外国語についての質問に良い返答ができなかったことや面接シートに書いていないような経験について話すことができなかったことが印象に残っており、最終合格したときは、本当に嬉しかったです。

7.国立国会図書館職員としてやってみたいこと・頑張りたいことなど今後の目標

資料を通して研究や学問に貢献したいという一貫した思いがあり、資料の収集や保存、提供やレファレンスといった業務に携わりたいと思っています。また、自身の勉強やアルバイトの経験からデジタルアーカイブの価値を実感したため、国立国会図書館デジタルコレクションについての業務にも関心があります。これから職員として勤務するにあたり、国立国会図書館が担うあらゆる役割について学び、成長できればと思っています。

8.国立国会図書館の受験を検討している方へのメッセージ

国立国会図書館の職員は倍率が高く、受験時には就職先としての現実味はまだありませんでした。また、私は外国語や法律に明るいわけではありません。そんな私ですが、就職活動で自分の興味のあることややりたいことを考えた結果、この体験記を書くに至っています。
第2次試験の専門科目が多様なように、あらゆる経歴や能力、考え方を持つ人に門は開かれているのだと思います。私と同じように様々な進路を検討し迷う方も多くいらっしゃると思いますが、少しでも(合格体験記を読むくらいには)関心を持っているならば、受験してみるのもよいのではと思います。

9. 26歳男性(専門科目:自然科学、大学院)

1.学生時代の専攻・研究について

素粒子物理学、特に加速器実験を専攻し、加速器を用いたシミュレーション実験を行っています。

2.学生時代の思い出・頑張ったことなど

本業の物理学の研究と並行して、翻訳・書評・研究など、文学に関する活動も行いました。文芸誌に寄稿したり、オンラインで研究発表を行うなど、精力的に活動したのはとても楽しかったです。また、学部では教職課程も履修し、自分の興味の対象に全力に取り組んできました。

3.国立国会図書館職員を志望した経緯・理由

研究や執筆活動のために国立国会図書館を利用し、資料の電子的利用を推進していることを知り、研究活動で身に着けたプログラミングの知見をいかしたいと考え志望しました。教育・学問に関する仕事に興味があったこと、語学力をいかせること、もともと本が好きだったことも大きいです。

4.就職活動の方針

研究活動を通じて得た、調査研究能力やプログラミングの知識、語学力を総合的にいかせることを重視しました。具体的には、国立国会図書館のほか、国家総合職、地方公務員、国公立大学職員、民間のIT企業を受験しました。

5.当館職員採用試験の試験対策

第1次試験に関しては、市販の公務員試験の演習書と学部時代の講義で使った教科書を併用しました。第2次試験の専門試験は物理学を選択し、過去問で出題傾向を確認した上で、大学院入試対策と同様の勉強をしました。

6.当館の採用試験で印象に残っていること・就職活動を通しての感想

面接で、細かく丁寧に話を聞いていただけたことがとても印象に残っています。学生時代から翻訳や書評に取り組んでいたという経験の特殊性もあったかと思いますが、過去の経験や行動をもとに、私という1人の人間を深く知ろうとしていただけたことが大変嬉しかったです。

7.国立国会図書館職員としてやってみたいこと・頑張りたいことなど今後の目標

電子図書館事業に特に興味があります。国立国会図書館が所蔵する情報へのアクセスをさらに向上させるような業務に携わりたいです。様々な業務を経験し、電子図書館事業になにが求められているのかを把握して、よりよいサービスを実現していきたいと考えています。

8.国立国会図書館の受験を検討している方へのメッセージ

少しでも興味があれば、ぜひ受験することをおすすめします。実際に受験してみてはじめて気づくことも多いかと思います。悔いなく就職活動を終えられることを願っています。

10. 26歳男性(専門科目:自然科学、大学院)

1.学生時代の専攻・研究について

学部では教育学部に所属し学校教育や物理学や地球科学を中心として広く自然科学についても学びました。卒業研究では量子力学の数値実験を行いました。大学院に進学後は気候システム科学を専門分野として、全球気候モデルを用いた古気候変動メカニズムの研究を行いました。

2.学生時代の思い出・頑張ったことなど

修士課程における研究生活を最も頑張りました。大学院は外部進学し、分野も変えたため基礎知識も研究能力も乏しい状態からのスタートでした。基礎的な勉強を頑張りつつも研究を行う日々はハードでしたが、専門知識や物事の考え方、生活の仕方までさまざまなことを学べました。

3.国立国会図書館職員を志望した経緯・理由

説明会の中で調査業務について知り、学術的な知見の提供を通して公共性の高い仕事ができるところに魅力を感じました。また、大学の文書館でアルバイトをしていたため、さまざまな資料・情報の保存が歴史・文化・学術の基礎になると考えており、そうした観点からも国立国会図書館の業務は魅力的でした。

4.就職活動の方針

変化の激しい時代にあっても変わらない価値のある仕事というものが自分の中で中心にありました。その中で特に関心のあった学術や教育に関係する公共性の高い仕事をしたいと考え、国家公務員、大学職員、教員採用試験を併願しました。こうした分野への関心は昔から一貫していたように思います。

5.当館職員採用試験の試験対策

筆記に関しては国家公務員試験を併願していたため、国立国会図書館に特化した対策はあまりしませんでした。面接試験に関しては志望動機や面接シートの内容を参考に面接で話すべき内容を文章にまとめていきました。特に自分の進路選択などの動機を重点的にまとめました。

6.当館の採用試験で印象に残っていること・就職活動を通しての感想

第2次、第3次試験での面接試験が印象的でした。特に第2次試験は就職活動を通して初めての面接試験だったため非常に緊張しましたが、面接官や職員の方が丁寧に対応して下さったことが印象的です。第3次試験は対面かつ面接官の人数も多かったのですが、素直に、笑顔で、コミュニケーションを取ることを意識して面接に臨みました。

7.国立国会図書館職員としてやってみたいこと・頑張りたいことなど今後の目標

国立国会図書館の業務はさまざまですがどれも魅力的です。最初に興味を持った調査業務(特に科学技術や教育に関する調査業務)やアーカイブに関する業務に関わりたいという思いを持ちつつ、さまざまな部署で経験を積む中で目標を見出して働き続けたいと思っています。

8.国立国会図書館の受験を検討している方へのメッセージ

私は就職活動というものが苦手な上に、大学院博士課程に在籍しながらの就職活動でした。しかし、国立国会図書館はいわゆる就活生らしさや経歴よりも自分自身の本質を見られているような気がしました。飾らない自分自身を素直な言葉で伝えることが国立国会図書館の合格に最も重要であると感じました。

11. 25歳女性(専門科目:自然科学、大学院)

1.学生時代の専攻・研究について

地球惑星科学を専攻しています。月の起源をテーマに研究を行っていますが、同時に地球の初期状態の考察にも繋がっています。宇宙を相手にすることで、最終的に人間のルーツの解明に至るところがこの学問の面白さであると感じながら日々学んでいます。

2.学生時代の思い出・頑張ったことなど

理科の教員免許を取得するため、母校で教育実習を行いました。物理に対して苦手意識を持つ生徒に対して授業を行うのは大変でしたが、相手が何を求めているかを常に考え、それに対してどのようにアプローチするかを模索するという過程は今後も役立つ貴重な経験になったと思います。

3.国立国会図書館職員を志望した経緯・理由

幼少期から本が好きであり、多くの時間を過ごした図書館における仕事に興味がありました。自分の専門分野との両立の難しさに直面した際に国立国会図書館の存在を知り、国会や国民が求める情報の保存・整理・提供という形で自然科学の知識を役立てることができる点に魅力を感じました。

4.就職活動の方針

専門分野をいかすことができ、なおかつ公益性が高い業務内容であることを重視しました。民間企業から国家公務員まで幅広い業種を受けていましたが、自分の中で1つの軸を持つことで最後までぶれることなく就職活動を進められたと考えています。

5.当館職員採用試験の試験対策

第1次試験については、併願していた国家公務員一般職の教養試験の過去問を使って対策しました。第2次試験については、過去問を踏まえて大学院入試のテキストを中心に勉強しました。

6.当館の採用試験で印象に残っていること・就職活動を通しての感想

第3次試験は経験の少ない対面での面接だったため、終始緊張していました。国立国会図書館に限らず、社会人として働く覚悟を問われた鋭い質問に対して、きちんと受け答えできたか自信がなく、現在まで強く印象に残っています。

7.国立国会図書館職員としてやってみたいこと・頑張りたいことなど今後の目標

自然科学の研究に取り組んできた人間として、今後は科学技術情報の収集や整備を通して研究者・技術者の補佐や一般の方々への情報提供に尽力し、社会の発展に貢献したいと考えています。

8.国立国会図書館の受験を検討している方へのメッセージ

国立国会図書館の採用試験は倍率・難易度ともに非常に高く、受験をためらってしまう方もいらっしゃるかもしれません。しかし、最後まで諦めない人こそが合格できる試験でもあると思います。後悔のない就職活動ができるよう、少しでも興味のある方は是非挑戦してみてください。

【施設設備専門職員採用試験合格者】
12. 22歳男性(専門科目:機械、大学)

1.学生時代の専攻・研究について

機械工学を専攻しています。研究は酸素貯蔵材料について研究しています。

2.学生時代の思い出・頑張ったことなど

部活をやっており、硬式野球部に所属していました。リーグ戦昇格を目指し、練習に取り組んでいました。

3.国立国会図書館職員を志望した経緯・理由

公務員になりたいと思い、公務員について調べていた時に国立国会図書館の施設設備専門職員を知り、図書館が好きだったので志望しました。

4.就職活動の方針

民間企業は受験せず、公務員のみ受験しました。重視した価値観として、人の役に立ちたい、人の支えになりたいという思いがありました。

5.当館職員採用試験の試験対策

予備校からもらえる問題を解いたり、市販の参考書で対策しました。筆記試験は他の公務員試験と同じ勉強の仕方で対策しました。面接試験の対策としてはキャリアセンターを利用し、面接シートの質問を中心に面接練習を行いました。

6.当館の採用試験で印象に残っていること・就職活動を通しての感想

第2次試験の面接のときに最後に何か質問がありますかと聞かれ、考えた結果、何もありませんと言ってしまい、何かアピールすべきだったととても後悔したことが印象に残っています。

7.国立国会図書館職員としてやってみたいこと・頑張りたいことなど今後の目標

国立国会図書館を便利に快適に利用できるように保守、点検し、利用する方々の支えになりたいと思っています。

8.国立国会図書館の受験を検討している方へのメッセージ

少しでも興味があれば、受験すべきだと思います。公務員試験は長いですが、根気強く勉強することが大切だと思います。応援しています。

過去の合格体験記