重松翠 しげまつ みどり(1887〜1914)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:し[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:陸軍軍人[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:高知県[前の人物次の人物]

職業・身分 陸軍軍人
出身地(現在) 高知県
生没年月日 明治20年〜大正3年4月26日
1887年〜1914年4月26日)

解説

明治42年(1909)、陸軍士官学校を卒業。歩兵少尉をへて、大正2年(1913)中尉となる。幼少期より飛行機の研究に熱中していたが、米国の飛行家マースらの来朝を契機として、飛行士になる決意を固める。大正2年7月、熱意を買われて飛行士となる。翌年4月26日、青山から所沢への帰還の途中、機体が故障し墜落して死亡。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm