沢辺琢磨 さわべ たくま(1834〜1913)

現在のカテゴリー:生年月日順:1830年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:さ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:宗教家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:高知県[前の人物次の人物]

職業・身分 宗教家
出身地(現在) 高知県
生没年月日 天保5年1月5日〜大正2年6月25日
1834年2月13日〜1913年6月25日)
号・別称等 パウェル
保羅

解説

正教会の司祭。父は高知藩士。従弟の坂本竜馬らと共に武市半平太の塾に学び、嘉永4年(1851)に江戸に出る。その後、函館に渡り、神明社の宮司沢辺幸司の女婿となる。ロシアの領事館付きのニコライ司祭と邪教をめぐる問答の末、明治元年(1868)にニコライより洗礼を受ける。日本で最初の正教会の信徒として正教会の伝道に携わり、長司祭となる。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm