佐佐木高行 ささき たかゆき(1830〜1910)

現在のカテゴリー:生年月日順:1830年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:さ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:高知県[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家
出身地(現在) 高知県
生没年月日 文政13年10月12日〜明治43年3月2日
1830年11月26日〜1910年3月2日)

解説

高知藩士。高知藩の郡奉行や大目付をつとめ、藩政に関わる。坂本竜馬らと交わり、大政奉還の実現に尽力。戊辰戦争では海援隊を率いて長崎奉行所を占拠。維新後、新政府に入り、参議、司法大輔などを歴任。明治4年(1871)岩倉遣外使節団に参加。征韓論争後も政府にとどまり、西南戦争では高知の士族反乱を抑える。14年参議兼工部卿に就任。明治天皇の信厚く、宮中と深い関係を持つ。宮中顧問官、枢密顧問官を歴任。明宮(大正天皇)の教育にもたずさわった。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其1
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm