小村寿太郎 こむら じゅたろう(1855〜1911)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:こ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:外交官[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:宮崎県[前の人物次の人物]

職業・身分 外交官
出身地(現在) 宮崎県
生没年月日 安政2年9月16日〜明治44年11月26日
1855年10月26日〜1911年11月26日)

解説

父は飫肥藩士。藩校振徳堂で学び貢進生として大学南校に進む。明治8年(1875)に文部省第1回留学生に選ばれてハーバード大学に入学。帰国後、司法省に出仕し、大審院判事を経て21年外務省翻訳局長となる。日清戦争では政務局長。その後、外務次官、駐米、駐露、駐清公使を歴任。34年には第1次内閣の外相となり、日英同盟に調印。日露戦争後のポーツマス会議に全権として出席し、日露講和条約を締結した。39年枢密顧問官、同年駐英大使、41年第2次桂内閣の外相に再任された。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其1
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm