小松帯刀 こまつ たてわき(1835〜1870)

現在のカテゴリー:生年月日順:1830年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:こ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:鹿児島県[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家
出身地(現在) 鹿児島県
生没年月日 天保6年10月14日〜明治3年7月20日
1835年12月3日〜1870年8月16日)

解説

幕末の志士。父は薩摩国喜入の領主肝付兼善、母は島津久貫の娘で、小松清猷の養子となり、藩主島津斉彬の小姓となる。その後、藩政改革派として藩政に携わり、家老となる。慶応2年(1866)1月、西郷隆盛とともに木戸孝允らとの間で薩長連合を締結。3年10月、将軍徳川慶喜に大政奉還を進言した。明治元年(1868)総裁局顧問に就任するなど新政府で重きをなすが、2年5月、病気のため官を辞した。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其2
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm