清浦奎吾 きようら けいご(1850〜1942)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:き[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:熊本県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家首相[前の人物次の人物]

職業・身分 官僚政治家首相
出身地(現在) 熊本県
生没年月日 嘉永3年2月14日〜昭和17年11月5日
1850年3月27日〜1942年11月5日)

解説

父は僧侶。上京して埼玉県官吏となり、明治9年(1876)司法省に入る。17年山県有朋内務卿のもと、内務省警保局長に就任し、保安条例制定などに尽力。有力な山県系官僚として政界に影響力を及ぼす。24年貴族院議員に勅選。第2次松方内閣、第2次山県内閣の司法相、第1次内閣の司法相、農商務相を歴任。その後枢密顧問官、枢密院副議長、同議長を経て大正13年(1924)に首相となるが、第二次護憲運動により衆議院を解散。総選挙で大敗し、総辞職した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其1
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:歴代首相等写真
請求記号:憲政資料室収集文書 1142
白黒、11.1×15.7 cm