岸信介 きし のぶすけ(1896〜1987)

現在のカテゴリー:生年月日順:1890年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:き[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:山口県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家首相[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家官僚首相
出身地(現在) 山口県
生没年月日 明治29年11月13日〜昭和62年8月7日
1896年11月13日〜1987年8月7日)

解説

父の生家岸家を継ぎ、大正9年(1920)東京帝大法学部卒業後、農商務省入省。満洲国実業部次長、東条内閣の商工相などを務め、戦時経済体制を推進した。昭和17年(1942)翼賛政治体制協議会推薦で衆議院議員初当選。20年A級戦犯容疑で拘留されたが不起訴となり、23年釈放された。27年公職追放解除。日本再建連盟結成。28年自由党入党後、日本民主党、自由民主党の各幹事長を経て、32年首相就任。35年広汎な反対運動の中で日米安保条約を改定し、同条約批准ののち、内閣総辞職。佐藤栄作は弟。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:商工行政史 下巻
請求記号:509.1-Sy957-S
白黒、4.3×6.5 cm