門野幾之進 かどの いくのしん(1856〜1938)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:か[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:三重県[次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:教育家[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家教育家
出身地(現在) 三重県
生没年月日 安政3年3月14日〜昭和13年11月18日
1856年4月18日〜1938年11月18日)

解説

父は鳥羽藩家老。明治2年(1869)上京、鳥羽藩の貢進生として慶應義塾に入り福沢諭吉の謦咳に接す。4年より同塾にて教鞭をとり16年には同塾教頭、35年に副社頭、臨時塾長事務をつとめるとともに、『時事新報』に社説を執筆、交詢社の発展に力をつくす。35年には実業界に入り、37年千代田生命保険を創業、社長就任。ついで千代田火災・千歳海上火災などの社長をかねる。昭和7年(1932)貴族院勅選議員。大倉財閥幹部の門野重九郎の兄。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:門野幾之進先生事蹟文集
請求記号:289.1-Ka146Mk
白黒、10.6×15.2 cm