加藤友三郎 かとう ともさぶろう(1861〜1923)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:か[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:広島県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:海軍軍人[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家首相[前の人物次の人物]

職業・身分 海軍軍人政治家首相
出身地(現在) 広島県
生没年月日 文久元年2月22日〜大正12年8月24日
1861年4月1日〜1923年8月24日)

解説

父は広島藩士。明治6年(1873)海軍兵学寮に入学。16年海軍少尉に任官。日清戦争では巡洋艦「吉野」の砲術長をつとめ、日露戦争では連合艦隊参謀長として東郷平八郎を補佐。第2次大隈内閣、寺内内閣、内閣、高橋内閣の海相をつとめる。大正10年(1921)ワシントン会議に首席全権委員として出席。11年高橋内閣退陣の後を受けて、首相兼海相に就任。シベリア撤兵、海軍軍縮条約を履行した。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其1
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:歴代首相等写真
請求記号:憲政資料室収集文書 1142
白黒、11.2×16.0 cm