加藤高明 かとう たかあき(1860〜1926)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:か[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:外交官[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:愛知県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家首相[前の人物次の人物]

職業・身分 外交官政治家首相
出身地(現在) 愛知県
生没年月日 安政7年1月3日〜大正15年1月28日
1860年1月25日〜1926年1月28日)

解説

父は名古屋藩士。東京大学法学部を首席で卒業し、三菱に入社。明治19年(1886)岩崎弥太郎の長女と結婚。官界に転じ、大蔵省銀行局長、駐英公使などをつとめる。33年第4次伊藤内閣外相となる。35年衆議院議員に当選。東京日日新聞社長、第1次西園寺内閣外相、駐英大使、第3次、第2次大隈各内閣の外相を歴任。大正4年(1915)貴族院議員に勅選。翌年に憲政会総裁となる。13年護憲三派内閣の首相に就任。翌年普通選挙法、治安維持法、日ソ基本条約を成立させた。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其1
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:歴代首相等写真
請求記号:憲政資料室収集文書 1142
白黒、11.2×15.8 cm

写真3

新しいウィンドウで写真3の拡大画像を開きます

出典:歴代首相等写真
請求記号:憲政資料室収集文書 1142
白黒、11.0×15.8 cm