片岡七郎 かたおか しちろう(1854〜1920)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:か[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:海軍軍人[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:鹿児島県[前の人物次の人物]

職業・身分 海軍軍人
出身地(現在) 鹿児島県
生没年月日 嘉永6年12月14日〜大正9年1月2日
1854年1月12日〜1920年1月2日)

解説

父は鹿児島藩士。明治22年(1889)ドイツに留学、砲術などを学んだ。帰国後は巡洋艦金剛の艦長として日清戦争に出征。威海衛・澎湖諸島を攻略。36年連合艦隊の誕生とともに、第3艦隊司令長官に就任。日露戦争時には、巡洋艦厳島を旗艦として、旅順艦隊の掃討や哨戒活動に従事。また、別動隊として、主力艦隊を率いた東郷平八郎とともに日本海海戦でロシアのバルチック艦隊を挟撃した。戦後男爵を授けられ、第1艦隊司令長官に昇進。43年大将。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其1
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm