岩下清周 いわした きよちか(1857〜1928)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:い[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:長野県[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家政治家
出身地(現在) 長野県
生没年月日 安政4年5月28日〜昭和3年3月19日
1857年6月19日〜1928年3月19日)
号・別称等 岩下清周(いわした せいしゅう)
誠堂

解説

父は松代藩士。商法講習所に学び、明治11年(1878)三井物産に入社し、アメリカ、フランスに赴任。21年退社し、22年品川電灯を設立して社長となる。24年三井銀行に招かれて、副支配人、大阪支店長を務める。29年に退社し、北浜銀行の設立に参画、36年頭取に就任。豊田式織機、大阪電気軌道、箕面有馬電気軌道などの経営にも関与した。41年衆議院議員。大正3年(1914)北浜銀行の破たんによって頭取を辞任。翌年背任横領罪で逮捕、起訴され、有罪となった。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:岩下清周伝
請求記号:610-98
白黒、7.5×10.5 cm