苫米地義三 とまべち ぎぞう(1880〜1959)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:と[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:青森県[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家政治家
出身地(現在) 青森県
生没年月日 明治13年12月25日〜昭和34年6月29日
1880年12月25日〜1959年6月29日)

解説

明治36年(1903)東京高等工業(現東京工業大学)卒業。肥料、油脂業界で活躍し、日本化学工業会社専務、日本硫安会社専務などを務めた後、昭和15年(1940)東北興業副総裁、20年日産化学工業社長。21年日本進歩党から衆議院議員に当選。22年民主党結成に参画し、片山内閣運輸相、民主党幹事長、芦田内閣国務相兼官房長官をつとめる。25年国民民主党を結成して最高委員長となり、26年サンフランシスコ講和会議に全権委員の一人として参加。27年8月の衆議院解散(抜き打ち解散)に際して、違憲として提訴したが敗訴。28年参議院議員。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:苫米地義三回顧録
請求記号:GK138-83
白黒、9.4×12.7 cm