横井小楠 よこい しょうなん(1809〜1869)

現在のカテゴリー:生年月日順:1800年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:その他[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:よ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:教育家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:熊本県[前の人物]

職業・身分 教育家その他
出身地(現在) 熊本県
生没年月日 文化6年8月13日〜明治2年1月5日
1809年9月22日〜1869年2月15日)
号・別称等 平四郎(へいしろう)
時存(ときあり)
子操(しそう)

解説

儒学者・政治思想家。父は熊本藩士。天保14年(1843)頃、実践的朱子学「実学」を提唱し、私塾小楠堂を開く。安政5年(1858)には福井藩主松平慶永(春岳)に政治顧問として招かれ、『国是三論』を著した。文久2年(1862)松平春岳の幕府政事総裁職就任を期に江戸で幕政改革に関与、公武合体運動を推進するが失脚。士籍を剥奪されて熊本に蟄居し、勝海舟大久保一翁や諸国の志士との交流を続けた。維新後は政府参与に就任するが、保守派の手で暗殺された。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:偉人叢書 第5
請求記号:792-145
白黒、9.1×12.4 cm