三島通庸 みしま みちつね(1835〜1888)

現在のカテゴリー:生年月日順:1830年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:み[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:鹿児島県[前の人物次の人物]

職業・身分 官僚
出身地(現在) 鹿児島県
生没年月日 天保6年6月1日〜明治21年10月23日
1835年6月26日〜1888年10月23日)

解説

家は鹿児島藩の鼓の師範。尊王攘夷運動で活躍、鳥羽・伏見の戦後東北を転戦した。明治4年(1871)東京府に出仕、酒田・鶴岡県令を経て9年から15年まで山形県令。15年1月から福島県令を兼任(同年7月より福島県令専任)。翌年10月より栃木県令を兼ねた。17年内務省土木局長に転じ、翌年警視総監に就任。積極的に地域開発を進める「土木県令」として知られる一方、強権的な手法で自由民権運動と対立、福島事件や加波山事件を誘発した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:三島通庸伝
請求記号:639-162
白黒、9.2×13.0 cm