松平容保 まつだいら かたもり(1836〜1893)

現在のカテゴリー:生年月日順:1830年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ま[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:公家・旧大名[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

職業・身分 公家・旧大名
出身地(現在) 東京都
生没年月日 天保6年12月29日〜明治26年12月5日
1836年2月15日〜1893年12月5日)

解説

高須藩主松平家に生まれ、会津藩主松平容敬の養子となる。嘉永5年(1852)襲封。文久2年(1862)京都守護職に任じられ上洛。同年八月十八日の政変で萩藩の勢力を京都から駆逐、京都の治安と公武合体に力を尽くし、孝明天皇の信頼を得た。元治元年(1864)禁門の変で長州勢を攻撃。征長強硬論を持論とする。慶応3年(1867)王政復古で京都守護職を免ぜられ、4年(1868)鳥羽・伏見の戦で敗れる。会津で謹慎したが、新政府軍に攻められ降伏。明治13年(1880)日光東照宮宮司となった。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:幕末明治文化変遷史
請求記号:210.6-To591b2-t
白黒、6.3×9.3 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:幕末明治文化変遷史
請求記号:210.6-To591b2-t
白黒、7.4×12.1 cm