松井須磨子 まつい すまこ(1886〜1919)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ま[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:芸術家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:長野県[前の人物]

職業・身分 芸術家
出身地(現在) 長野県
生没年月日 明治19年11月1日〜大正8年1月5日
1886年11月1日〜1919年1月5日)
号・別称等 小林正子(こばやし まさこ)

解説

女優。明治35年(1902)上京。42年文芸協会付属演劇研究所に入所し、坪内逍遥島村抱月等から指導を受ける。44年文芸協会第1回公演『ハムレット』でオフェリア、さらに『人形の家』でノラを演じ好評を博す。島村抱月との恋愛関係から大正2年(1913)に協会を除名、同じく協会幹事を辞任した抱月と芸術座を結成、『復活』『サロメ』等を上演。特に『復活』の劇中歌「カチューシャの歌」は全国的にヒットした。7年11月抱月が急死、その後を追って自殺した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:恋に生きたる須磨子の一生
請求記号:特102-550
白黒、6.5×12.0 cm