益田孝 ますだ たかし(1848〜1938)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ま[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:新潟県[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家
出身地(現在) 新潟県
生没年月日 嘉永元年10月17日〜昭和13年12月28日
1848年11月12日〜1938年12月28日)
号・別称等 鈍翁(どんのう)

解説

父は佐渡奉行下役。英語を学び、文久3年(1863)遣欧使節池田長発に随行して渡欧。明治4年(1871)井上馨のすすめで大蔵省に出仕し造幣権頭を務め、6年(1873)に退官。7年に井上と共に先収会社を創立し頭取となる。9年に三井物産社長に就任、三井合名会社を組織し、三井財閥の発展に尽力。多数の会社の設立に貢献、公共事業や商業教育にも力を注いだ。大正3年(1914)引退。7年男爵。茶人・美術収集家としても名高い。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:自叙益田孝翁伝
請求記号:766-72
白黒、11.2×15.1 cm