二葉亭四迷 ふたばてい しめい(1864〜1909)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ふ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:文学者[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

職業・身分 文学者
出身地(現在) 東京都
生没年月日 元治元年2月〜明治42年5月10日
1864年〜1909年5月10日)
号・別称等 長谷川辰之助(はせがわ たつのすけ)

解説

小説家、翻訳家。東京外国語学校露語科中退。明治20年(1887)坪内逍遥のすすめで、近代小説の先駆とされる言文一致体の『浮雲』を発表。さらにツルゲーネフの『あひびき』『めぐりあひ』(1888)を翻訳した。32年に東京外国語学校教授となったが35年辞職、大陸に渡る。37年に大阪朝日新聞社に入社、39年に『其面影』、40年に『平凡』を東京朝日新聞に連載。41年特派員としてペテルブルグに派遣されるが、肺結核となり帰国途上死去した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:うき草 ルーヂン
請求記号:797-46
白黒、4.4×5.6 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:幕末明治文化変遷史
請求記号:210.6-To591b2-t
白黒、3.9×6.0 cm