常陸山谷右衛門 ひたちやま たにえもん(1874〜1922)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:その他[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ひ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:茨城県[前の人物次の人物]

職業・身分 その他
出身地(現在) 茨城県
生没年月日 明治7年1月19日〜大正11年6月19日
1874年1月19日〜1922年6月19日)
号・別称等 出羽ノ海(でわのうみ)
市毛谷(いちげたに)

解説

力士。出羽ノ海に入門。明治32年(1899)入幕。順調に昇進し、36年好敵手である梅ヶ谷と共に第19代横綱となる。相手に相撲を取らせてから、反撃に転じる相撲を得意とし、柔の梅ヶ谷、剛の常陸山として角界の隆盛期を築いた。150勝15敗22分2預131休。大正3年(1914)引退し、出羽ノ海襲名。出羽ノ海部屋を角界随一の大部屋へと育て上げた。力士の社会的地位の向上や国技館建設にも貢献した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:幕末明治文化変遷史
請求記号:210.6-To591b2-t
白黒、4.8×9.2 cm