野口英世 のぐち ひでよ(1876〜1928)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:の[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:医師・薬剤師等[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:福島県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(自然科学)[前の人物次の人物]

職業・身分 学者(自然科学)医師・薬剤師等
出身地(現在) 福島県
生没年月日 明治9年11月9日〜昭和3年5月21日
1876年11月9日〜1928年5月21日)

解説

細菌学者。農家の長男として生まれ、済生学舎に学ぶ。明治30年(1897)医術開業試験に合格。伝染病研究所を経て、33年渡米。44年ロックフェラー医学研究所で梅毒スピロヘータの純粋培養を行う。同年、医学博士、大正4年(1915)学士院恩賜賞受賞。12年帝国学士院会員。黄熱病の病原菌発見のため、中南米、アフリカに赴き、昭和3年(1928)、ガーナで感染し、死去した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:少年野口英世博士
請求記号:639-88
白黒、8.0×11.8 cm