夏目漱石 なつめ そうせき(1867〜1916)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:な[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:文学者[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

職業・身分 文学者
出身地(現在) 東京都
生没年月日 慶応3年1月5日〜大正5年12月9日
1867年2月9日〜1916年12月9日)
号・別称等 夏目金之助(なつめ きんのすけ)

解説

小説家。父は町方名主。明治26年(1893)帝国大学英文科卒業後、松山中学、第五高校の教師を経て33年ロンドンへ留学。帰国後、東大講師となる。『吾輩は猫である』(1905~06)によって文壇に登場後、40年朝日新聞に入社し専属作家となった。『三四郎』(1908)『それから』(1909)『門』(1910)などを発表した後は、大病を経て『こゝろ』(1914)『道草』(1915)『明暗』(1916)などの作品で近代知識人の内面を描いた。当時全盛の自然主義文学と異なる作風は余裕派と呼ばれ、近代日本の代表的作家とされる。門下には森田草平、小宮豊隆ら多くの作家、文学者がいる。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:漱石の思ひ出
請求記号:536-439
白黒、9.1×13.4 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:漱石の思ひ出
請求記号:536-439
白黒、6.0×9.1 cm

写真3

新しいウィンドウで写真3の拡大画像を開きます

出典:漱石全集. 第8巻
請求記号:566-49
白黒、8.0×10.9 cm