大木喬任 おおき たかとう(1832〜1899)

現在のカテゴリー:生年月日順:1830年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:お[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:佐賀県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家
出身地(現在) 佐賀県
生没年月日 天保3年3月23日〜明治32年9月26日
1832年4月23日〜1899年9月26日)

解説

父は佐賀藩士。藩校弘道館に学び、勤王派として藩政改革を推進。新政府に出仕し、徴士、参与、軍務官判事、東京府知事などをつとめる。東京奠都にも尽力。明治4年(1871)文部卿となり、学制を制定。6年参議兼司法卿。萩の乱、神風連の乱で、反乱士族の処分にあたる。13年元老院議長。また民法編纂総裁として法典編纂に関わる。17年伯爵。21年から枢密顧問官を兼任し、翌年枢密院議長となる。第1次山県内閣の司法相、第1次松方内閣の文相を歴任。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其1
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm