徳富蘇峰 とくとみ そほう(1863〜1957)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:と[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:ジャーナリスト[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:熊本県[前の人物次の人物]

職業・身分 ジャーナリスト
出身地(現在) 熊本県
生没年月日 文久3年1月25日〜昭和32年11月2日
1863年3月14日〜1957年11月2日)
号・別称等 猪一郎(いいちろう)

解説

評論家、歴史家。肥後藩郷士の子。熊本洋学校に学び、同志社英学校に移るが退学。熊本に戻り大江義塾を設立する。『将来之日本』(1886)で好評を得て上京、民友社を創設。『国民之友』『国民新聞』を発刊し平民主義を唱えた。その後国権主義へと転換し、明治30年(1897)松方内閣の内務省勅任参事官に就任、内閣にも深く関与した。昭和4年(1929)国民新聞社を退き大阪毎日新聞の社賓となる。17年日本文学報国会・大日本言論報国会会長、18年文化勲章。敗戦後A級戦犯容疑者に指名され公職追放。27年『近世日本国民史』100巻を完成させた。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:蘇峰自伝
請求記号:289.1-To454s-(40)
白黒、11.0×16.7 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:蘇峰先生
請求記号:715-316
白黒、6.3×10.3 cm

写真3

新しいウィンドウで写真3の拡大画像を開きます

出典:蘇峰先生古稀記念帖
請求記号:422-138
白黒、16.2×19.8 cm