徳川家達 とくがわ いえさと(1863〜1940)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:と[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:公家・旧大名[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家公家・旧大名
出身地(現在) 東京都
生没年月日 文久3年7月11日〜昭和15年6月5日
1863年8月24日〜1940年6月5日)
号・別称等 静岳(せいがく)

解説

御三卿の一つである田安徳川家の慶頼の三男、幼名は亀之助。明治元年(1868)徳川宗家を相続。名を家達に改め、駿河国府中七十万石に封ぜられた。2年の版籍奉還により静岡藩知事となったが、廃藩置県により免ぜられる。10年から15年にかけて英国留学。17年公爵。23年帝国議会開設とともに貴族院議員となり、36年から昭和8年(1933)まで貴族院議長をつとめる。大正3年(1914)山本権兵衛内閣辞職の際に組閣の内命があったが辞した。大正10年~11年開催のワシントン会議全権委員の一人。済世会会長、日本赤十字社社長等を務めた。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:現代日本の政治家
請求記号:A6-H38
白黒、6.0×8.3 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:帝国議会議員通覧
請求記号:92-395
白黒、6.0×9.0 cm

写真3

新しいウィンドウで写真3の拡大画像を開きます

出典:幕末明治文化変遷史
請求記号:210.6-To591b2-t
白黒、5.0×7.6 cm

写真4

新しいウィンドウで写真4の拡大画像を開きます

出典:徳川家達(15才)
請求記号:榎本武揚関係文書 17-28
白黒、5.8×9.2 cm