坪内逍遥 つぼうち しょうよう(1859〜1935)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:つ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:岐阜県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:文学者[前の人物次の人物]

職業・身分 文学者
出身地(現在) 岐阜県
生没年月日 安政6年5月22日〜昭和10年2月28日
1859年6月22日〜1935年2月28日)
号・別称等 春の屋おぼろ(はるのやおぼろ)
春廼屋(はるのや)
坪内雄蔵(つぼうち ゆうぞう)

解説

文学者。東京大学卒業後、東京専門学校(後の早稲田大学)の講師、のち教授となる。日本最初の近代的文学論『小説真髄』(1885~1886)とその実践となる小説『当世書生気質』(1885~1886)を著し文壇の中心的存在となった。森鴎外との「没理想論争」は有名。のち演劇改良運動(新劇)を弟子島村抱月らとともにはじめ俳優養成にも尽力。一方で教育家として倫理教育にも業績がある。昭和3年(1928)にはシェークスピア全集の訳業を完成させた。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:坪内逍遥
請求記号:766-40
白黒、7.8×15.0 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:国史肖像大成
請求記号:281.038-Ko53ウ
白黒、6.8×9.6 cm