団琢磨 だん たくま(1858〜1932)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:た[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:福岡県[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家
出身地(現在) 福岡県
生没年月日 安政5年8月1日〜昭和7年3月5日
1858年9月7日〜1932年3月5日)

解説

三井財閥の統率者。父は福岡藩士。明治4年(1871)渡米し鉱山学を学び、11年帰国した。17年工部省に入省、三池鉱山局に勤務したが、21年三池炭鉱が三井に払い下げられると、三池炭礦社の事務長に就任、敏腕をふるった。32年工学博士。42年三井財閥の本社として三井合名会社が設立されると参事に就任、大正3年(1914)理事長となり三井を統率した。日本工業倶楽部理事長等、財界団体の役員も数多く兼ねた。昭和3年(1928)男爵。7年右翼団体血盟団員に暗殺された。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:男爵団琢磨を語る
請求記号:587-304
白黒、8.7×12.0 cm