島崎藤村 しまざき とうそん(1872〜1943)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:し[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:文学者[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:長野県[前の人物次の人物]

職業・身分 文学者
出身地(現在) 長野県
生没年月日 明治5年2月17日〜昭和18年8月22日
1872年3月25日〜1943年8月22日)
号・別称等 春樹(はるき)
古藤庵無声(ことうあんむせい)

解説

詩人、小説家。父は木曽馬籠宿本陣・庄屋。明治学院卒。在学中に洗礼を受け文学への関心を強め、明治26年(1893)北村透谷らと雑誌『文学界』を創刊。『若菜集』(1897)、『一葉舟』(1898)、『夏草』(1898)、『落梅集』(1901)を刊行し、新体詩人として名声を博した。後、小説に転じ、『破戒』(1906)によって自然主義文学の代表的作家となり、『新生』(1918~19)、『夜明け前』(1929~35)などを発表した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:島崎藤村
請求記号:780-402
白黒、6.0×9.0 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:藤村感想集
請求記号:568-315
白黒、4.8×6.6 cm