幣原喜重郎 しではら きじゅうろう(1872〜1951)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:し[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:外交官[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:大阪府[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家首相[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家外交官首相
出身地(現在) 大阪府
生没年月日 明治5年8月11日〜昭和26年3月10日
1872年9月13日〜1951年3月10日)

解説

帝国大学卒業。明治29年(1896)外務省に入る。大正4年(1915)外務次官、8年駐米大使、10年ワシントン会議の全権委員となる。13年加藤内閣の外相。以後、若槻内閣、浜口内閣でも外相を務め、国際協調・中国内政不干渉の幣原外交を展開した。15年貴族院議員。第二次大戦後、昭和20年(1945)10月に首相に就任し、天皇制維持、新憲法草案作成などをめぐりGHQとの交渉に当たる。辞任後日本進歩党総裁。22年衆議院議員、24年衆議院議長となる。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:浜口内閣
請求記号:83-459
白黒、8.1×11.3 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:憲政五十年史 : 画譜
請求記号:430-121イ
白黒、10.4×14.4 cm