志賀直哉 しが なおや(1883〜1971)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:し[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:宮城県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:文学者[前の人物次の人物]

職業・身分 文学者
出身地(現在) 宮城県
生没年月日 明治16年2月20日〜昭和46年10月21日
1883年2月20日〜1971年10月21日)

解説

小説家。東京の祖父母のもとで育ち、学習院高等科卒、東京帝国大学中退。明治43年(1910)、武者小路実篤有島武郎らと『白樺』を創刊し、「網走まで」を発表。その後尾道、松江、京都などに居を移し、執筆を中断した時期を経て、『城の崎にて』(1917)、『和解』(1917)、『暗夜行路』(1921~1937)などを著す。「小説の神様」とよばれ、多くの作家に影響を与えた。昭和24年(1949)文化勲章受章。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:現代小説全集 第8巻
請求記号:555-4
白黒、10.2×14.4 cm