木村栄 きむら ひさし(1870〜1943)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:き[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:石川県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(自然科学)[前の人物次の人物]

職業・身分 学者(自然科学)
出身地(現在) 石川県
生没年月日 明治3年9月10日〜昭和18年9月26日
1870年10月4日〜1943年9月26日)

解説

天文学者。第四高等中学、帝国大学を卒業後、緯度観測に従事。明治32年(1899)国際共同事業として設立された水沢緯度観測所長となる。35年緯度変化の新要素(Z項)を発見し、37年に理学博士となる。この業績は国際的に高い評価を受け、昭和12年(1937)には第1回文化勲章を受章した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代日本の科学者第2巻
請求記号:769-183
白黒、7.4×9.0 cm