北里柴三郎 きたさと しばさぶろう(1853〜1931)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:き[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:医師・薬剤師等[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:熊本県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(自然科学)[前の人物次の人物]

職業・身分 学者(自然科学)医師・薬剤師等
出身地(現在) 熊本県
生没年月日 嘉永5年12月20日〜昭和6年6月13日
1853年1月29日〜1931年6月13日)

解説

細菌学者。庄屋の長男に生まれ、熊本医学校、東京大学医科大学を卒業後、内務省衛生局に勤務。ドイツに留学し、明治19年(1886)よりコッホに師事、22年に世界初の破傷風菌培養に成功した。24年医学博士となり、25年帰国後は伝染病研究所長を務めた。研究所の文部省移管に反対して辞職、大正4年(1915)北里研究所を設立し、6年には慶応義塾大学医学科創設に尽力した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:北里柴三郎伝
請求記号:618-105
白黒、9.0×11.6 cm