大山捨松 おおやま すてまつ(1860〜1919)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:お[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:その他[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:福島県[前の人物次の人物]

職業・身分 その他
出身地(現在) 福島県
生没年月日 安政7年1月23日〜大正8年2月18日
1860年2月14日〜1919年2月18日)
号・別称等 山川咲子(やまかわ さきこ)

解説

父は会津藩家老。明治4年(1871)日本初の女子留学生として津田梅子らと渡米。留学中に看護婦免状を取得。15年に帰国し、16年陸軍卿大山巌と結婚。いわゆる鹿鳴館時代には社交界の中心として活躍した。また、愛国婦人会理事、赤十字篤志看護会等の社会活動や女子英学塾(現津田塾大学)の設立・運営にも尽力した。陸軍少将山川浩、東京帝国大学総長山川健次郎は実兄。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:明治大臣の夫人
請求記号:96-205
白黒、4.3×5.8 cm