江藤新平 えとう しんぺい(1834〜1874)

現在のカテゴリー:生年月日順:1830年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:え[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:佐賀県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家
出身地(現在) 佐賀県
生没年月日 天保5年2月9日〜明治7年4月13日
1834年3月18日〜1874年4月13日)
号・別称等 胤雄(たねお)
南白(なんぱく)

解説

父は佐賀藩士。藩校弘道館に学ぶ。尊王攘夷運動に加わり、その後開国論を唱える。藩吏となるが文久2年(1862)脱藩し皇権回復の密奏を図り失敗、藩から永蟄居を命ぜられる。明治元年(1868)新政府成立後、徴士として出仕、江戸遷都を提唱。文部大輔、左院副議長などを経て5年司法卿となり、司法制度整備や民法制定などに尽力した。6年参議となるが征韓論争に敗れて下野。7年民撰議院設立建白書に署名。同年帰郷後、征韓党の首領となり、佐賀の乱を起こすが敗北し、処刑された。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:憲政五十年史 : 画譜
請求記号:430-121イ
白黒、5.1×7.4 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:江藤南白 上
請求記号:348-352
白黒、10.5×15.7 cm