井上毅 いのうえ こわし(1844〜1895)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:い[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:熊本県[前の人物次の人物]

職業・身分 官僚政治家
出身地(現在) 熊本県
生没年月日 天保14年12月〜明治28年3月17日
1844年〜1895年3月17日)
号・別称等 梧陰(ごいん)

解説

父は熊本藩士。明治4年(1871)司法省に出仕、5年渡欧し翌年帰国。7年大久保利通の清国派遣に随行。以降、岩倉具視伊藤博文らの命で、各種の重要政策を立案した。14年プロシア憲法に基づく欽定憲法構想立案や国会開設の勅諭を起草、新設の参事院議官となり、帝国憲法の起草にあたった。21年枢密院書記官長として、憲法制定会議の司会を務める。23年枢密顧問官となり、教育勅語を起草。26年第2次伊藤博文内閣の文相に就任した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:井上毅君教育事業小史
請求記号:253-38
白黒、8.0×8.5 cm

写真2

新しいウィンドウで写真2の拡大画像を開きます

出典:憲政五十年史 : 画譜
請求記号:430-121イ
白黒、6.3×9.0 cm